企業情報

シンボルマークコンセプト

画像:シンツグループ シンボルマーク

大きなブルーの円の中に、イエロー、グレー、グリーンの扇形のフォルムが鮮やかに浮かび上がった、華やかさを感じさせるシンボルマークです。

回船問屋としてスタートし、戦前は宇和島港からの貨物船で活躍した歴史、多業種におよぶグループの広がり、そして未来に向けて成長、発展していく姿をイメージしました。

ブルーの大きな円は宇和海=地域社会、および世界を表しています。扇形の3つのバターンは「シ・ン・ツ」のカタカナのフォルムからイメージした“船”であり、3隻の船が“船団”を組むことでシンツグループを表しています。

扇形のカラーリングは、イエローは石油類、グレーは建材・セメント類、グリーンは食品・肥飼料類を表し、シンツグループの主力商品を示すことで幅広い業種に取り組む、シンツグループのアグレッシブな柔軟性を表現しています。
また、この船団が大きな海を航行することで、シンツグループの成長、発展をイメージしています。